著者
飯田 健 上田 路子 松林 哲也
出版者
日本選挙学会
雑誌
選挙研究 (ISSN:09123512)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.139-153, 2011 (Released:2017-06-12)
参考文献数
25

昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている。これまでマスコミ,評論家,政治学者などが世襲議員について再三論じてきたが,そもそも印象論的な議論も少なくなく,厳密な実証分析を行ったものは多くは存在しない。そこでわれわれは新たに構築した包括的なデータセットを用いて世襲議員の属性や政策に対する影響力を実証的に分析し,世襲議員をめぐる今後の議論に一つの材料を提供したい。本論文では,まず世襲議員の特徴を非世襲議員との比較において明らかにする。そして政策に対する影響力の一例として,世襲議員の補助金分配過程への影響を検証する。分析の結果,世襲議員は選挙における地盤や資源に恵まれており,選挙に強く,当選回数が多いということ,さらに世襲議員は自分が代表する地域により多くの補助金をもたらすということが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 27 posts, 30 favorites)

↓この論文の考察が面白いので、時間がある方、ぜひ読んでみてください。 【世襲議員の実証分析】 https://t.co/Ib73UR6VEc
@nissui1982 ご参考。少し古い文献ですが、早稲田大の「世襲議員の実証研究」。世襲議員は選挙地盤や資金にも恵まれ、初当選年齢が若く、再選率も高く、当選回数が多く、自分の選挙区に非世襲議員より多くの補助金を分配(利益誘導)しているというファクトをデータ分析で実証。 https://t.co/itpmuGWqsi
日本では、「世襲議員」(『世襲議員の実証分析』飯田健、上田路子、松林 哲也 https://t.co/lRm3WxTnzM )について、さまざまな問題提起がされている。 翻って、フィンランドでは34歳のサンナ・マリン氏が首相就任です(・ω・) https://t.co/WOyTVPjY00
一応コメントを。補助金獲得の是非は横におきます。与党というより世襲が、ここでは重要なポイントだと思います。で、あくまで「一般的な傾向」ですが、世襲議員は補助金獲得に対し、一定の優位性を持っていることが実証的に明らかにされてます。飯田他「世襲議員の実証分析」https://t.co/fqWB6KYKOj https://t.co/wrNe9ju6bG
@KenpouNihonkoku https://t.co/wpC4Hm6XOR 『世襲議員の実証分析』 「昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている」 飯田健, 上田路子, 松林哲也 選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153
@nikkan_gendai https://t.co/wpC4Hm6XOR 『世襲議員の実証分析』 「昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている」 飯田健, 上田路子, 松林哲也 選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153
@kikko_no_blog https://t.co/wpC4Hm6XOR 『世襲議員の実証分析』 「昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている」 飯田健, 上田路子, 松林哲也 選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153
https://t.co/wpC4Hm6XOR 『世襲議員の実証分析』 「昨今の日本政治において「世襲議員」は国会議員の最大で3分の1を占めるなど顕著な存在となっている」 飯田健, 上田路子, 松林哲也 選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153
世襲議員の実証分析 選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153 https://t.co/wpC4Hm6XOR
世襲議員の実証分析 飯田健, 上田路子, 松林哲也 #選挙研究 Vol. 26 (2010) No. 2 p. 139-153 https://t.co/wpC4Hm6XOR

収集済み URL リスト