著者
岡田 信弘
出版者
Japanese Association of Electoral Studies
雑誌
選挙研究 (ISSN:09123512)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.65-72,187, 2000-02-28 (Released:2009-01-22)
参考文献数
32

本稿では,戦後憲法学における選挙研究のありようを,「原点」,「転換点」,そして「現点」を示す代表的な文献を読み解きながら検討することとしたい。その特徴を簡単にまとめるならば,次のようになろう。まず,対象とその取り上げ方について,共通の枠組みが存在していることを指摘することができる。第一に,普通選挙の原則の実現に関わるもの,第二に,選挙運動の自由の確保に関わるもの,そして第三に,選挙の方法あるいは代表方法に関わるものという柱立てである。次に,方法ないし論じ方であるが,「規範の学」としての憲法学の手法が基本的には用いられることになる。つまり,法令によって定められた具体的な選挙制度は選挙に関する憲法上の諸原則から見てどのように評価されるべきか,という問題設定の下に考察がなされているといえよう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

@edmontaz 調べてみたけど詳細はわかんない。中村睦男が憲法30講って本で唱えてる説らしい。参考にした論文なんだけどおもしろかったから共有したい https://t.co/w07V7kk1Fv (PDF)
@TAMA6SI 参考文献: https://t.co/CHxLPvjx6P 外国人の公務就任権に関する予備的考察 高乗智之 https://t.co/yX4WjpnXxY 憲 法学 にお ける選挙研究 岡田 信弘

収集済み URL リスト