著者
福元 健太郎
出版者
日本選挙学会
雑誌
選挙研究 (ISSN:09123512)
巻号頁・発行日
vol.19, pp.101-110,173, 2004-02-28 (Released:2009-01-22)
参考文献数
22

本稿は,1947年から1990年までの衆参両院議員を対象として,どのような前歴•属性を持った者が選挙を経て国会議員としてリクルートされるのかという側面と,いつ何故国会議員たることを止めるのかという論点について,国際比較を交えつつ検討する。その際,従来のように議員の前歴を1つに限るのではなく,複数の前歴を考慮することで相互の連関を検討する。その結果,公明党と共産党の引退年齢が若いこと,公明党は若年層•地方議会議員出身が多いこと,社会党において議員ポストが年を経るにつれて労組幹部の上がり職と化していったこと,共産党•民社党は社会党ほど官公労に人材を依存していないこと,地方政治家が国会議員になる上で県会議員を経ることが重みを年々増してきたこと,などが明らかになった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 9 favorites)

@nodahayato うん,やってそうな気はする。探し方かなあ。以下も,ピンポイントではヒットしてないかもだけど,興味深い内容だった。 飯田健・上田路子・松林哲也『世襲議員の実証分析』 https://t.co/65LwiuQWxc 福元健太郎『国会議員の入場と退場:1947~1990』https://t.co/3QWEHHYv15
@tamai1961 真っ当な人が払底しているのではなく、真っ当な人はあらかた在任経験があり、「同じ人ばかり」「ずっと」を避け、求心力を維持する為の論功行賞も考慮した部分において…といった辺りかと。戦後、国会議員の平均在職年数・平均年齢とも上昇基調ですし https://t.co/bxRDd0qROb

収集済み URL リスト