著者
大竹 秀明
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌ATOMOΣ (ISSN:18822606)
巻号頁・発行日
vol.62, no.2, pp.84-88, 2020 (Released:2020-08-08)
参考文献数
9
被引用文献数
1 1

気象・気候分野では気候モデルといった物理モデルを用いた2050年から2100年程度先までの将来予測の研究が進んでおり,データがアーカイブされている。気候モデルは仮想の地球全体の大気・海洋を模擬したシミュレーションツールであり,日射量や気温,風向風速などの気象要素の予測情報がある。太陽光発電,風力発電資源量の予測に加えて電力需要量についても研究が行われている。発電資源量の地域変化,季節性,変動の要因などについて最近の研究事例を紹介する。将来気候下での地球の自然の変化,注意すべき点についても述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 6 favorites)

気候モデルは仮想の地球全体の大気・海洋を模擬したシミュレーションツールであり,日射量や気温,風向風速などの気象要素の予測情報がある。発電資源量の地域変化,季節性,変動の要因などについて最近の研究事例を紹介 気候予測データを用いた太陽光・風力発電の資源予測 https://t.co/BPx5c6Kja7

収集済み URL リスト