言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (55 users, 99 posts, 37 favorites)

@NATROM @maeda 最後に、以下のような歴史から勉強することを強くお勧めします: “実は,過剰診断議論は本邦の甲状腺外科領域では20年以上も前にすでに問題視され…” https://t.co/rwqpqnguSa “本邦では1990年代半ばに,甲状腺超音波検診での過剰診断を経験し,成人での微小癌の…” https://t.co/I6cMZtJrQM
@jun_makino https://t.co/eKsY7Lqe8j 抑制されてるという方もいるようですが、https://t.co/5wNE3XjcXX 鈴木氏がご意見を聞いた方々 https://t.co/e2P2VsMsdi 成人の場合は https://t.co/riyucfjEW6 世界的にも注目、アメリカでも記載(しかし集団検診はまだ推奨されておらず) https://t.co/CV91sURAu4
●「特集1.検診発見での甲状腺癌の扱い」によせて/鈴木眞一  https://t.co/tJ5Ud3g1GO
これ、2017年に福島市で開催された第50回日本甲状腺外科学会での特集「検診発見での甲状腺癌の扱い」での発表の内容が、2018年8月の日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌に掲載されたってことか。↓で鈴木眞一氏が説明してる。 「特集1.検診発見での甲状腺癌の扱い」によせて https://t.co/6FLoCRkKH5
現在、福島医大の鈴木先生が「全てに一貫しているのは患者や受診者の不利益をいかに防ぐかと いうことは共通している。」と言われ、広く検討を求めておられる状況に繋がっている。 https://t.co/Sar0sKGhhX
読んでみました。これは参考になる。> 祖父江 友孝「検診と微小癌:疫学の立場から」 https://t.co/S4UNtJg0td
「通常の」「通常の」「通常の」>『通常のがん検診を行う場合の考え方であり,無症状の成人には甲状腺がん検診を推奨しない,という米国の例をあげその不利益も警鐘されている』 https://t.co/S4UNtJg0td

収集済み URL リスト