著者
鈴木 眞一
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.35, no.2, pp.70-76, 2018 (Released:2018-08-24)
参考文献数
17

東日本大震災後の原発事故による放射線の健康影響を見るために,福島県では大規模な超音波検診が開始された。甲状腺検診を実施するとスクリーニング効果から一度に多くの症例が発見されるが,過剰診断にならないように,検診の基準を設定した。5mm以下の結節は二次検査にならず,二次検査後の精査基準も10ミリ以下の小さいものにはより厳格な基準を設けて,過剰診断を防ぐことを準備した上で検診を行った。その結果発見治療された甲状腺癌は,スクリーニング効果からハイリスクは少なく,かつ非手術的経過観察の対象となる様な被胞型乳頭がんは認められず,微小癌症例でも全例浸潤型でリンパ節転移や甲状腺被膜外浸潤を伴っていた。したがって,一次検査の判定基準,二次検査での精査基準さらに手術適応に関する基準などから,超音波検診による不利益は極めて少ないものと思われた。一方で発見甲状腺癌は過剰診断ではないのであれば,放射線の影響による甲状腺癌の増加ではと危惧されるが,現時点ではその影響を示唆する様な事象は得られていない。以上より,放射線被曝という特殊状況下で検診を余儀なくされたにも関わらず,厳格な基準を設定しこれを遵守しながら実施することによって,過剰診断という不利益を極力回避できていることがわかった。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

これを見ると、鈴木氏がいかに検診実施を無理やり正当化しようとしているか、がよく分かる。

Twitter (123 users, 167 posts, 73 favorites)

で、もっと具体的な話をするとみーゆさんご紹介のこの鈴木眞一氏の論文、 https://t.co/nBKNrqr3Rs 「検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応」ですが、 https://t.co/0Vdt41HsOb 鈴木眞… https://t.co/LNDoE0Z2RM
「福島の悉皆検査と剖検の甲状腺がんの大きさが違うから福島の症例は放射線由来」という謎記事を見かけるけど、母数が違うし、福島では5mm以下の結節と10mm以下のかなりの結節はカットオフしているから、年齢分布の傾向以上のことは言えない… https://t.co/GDyCKkqA4V
@funkyfungifun @asutaroto2002 @ShinyaMatsuura @tapae0 違うよ。基本的に5ミリ以下は経過観察、と言う名の次回検診回し。 >実際,検診での一次検査の基準[7]では5mm以下の結節… https://t.co/brcj5FgAp2
...このように,術後病理診断では89%がリンパ節転移や被膜浸潤が認められた」   『検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応』(鈴木眞一) https://t.co/0FpkC6AYMI
@GoodBye_Nuclear 鈴木眞一氏の報告を読んでいないのでしょうね。それにしても家族の発言を捏造するとは言語道断ですね。 https://t.co/qjQ7SFDM5y
最初のほうでご紹介した鈴木眞一氏の論考については、一般でも読める新しいものとして下記がある。 ・検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応/鈴木 眞一  https://t.co/89BBzd3RdS @vegdeighty… https://t.co/4Die2rgLTJ
@sivad @mo0210 と言うか、この鈴木眞一氏の論文?を読んでから発言して欲しいですね。鈴木眞一氏の科で手術をした126例中、経過観察を推奨したけれども本人や家族のたっての要望で手術をしたのは11例のみとの事です。 https://t.co/0Vdt41HsOb
@asutaroto2002 @funkyfungifun @ShinyaMatsuura @tapae0 ちなみに福島県立医大で放射線医学県民健康管理センターの甲状腺検査責任者を担当していた鈴木眞一さんの診断、手術基準に関する論… https://t.co/M2GV9drNOX
J-STAGE Articles - 検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応 https://t.co/jQQqHUhxdO
検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応 https://t.co/PmKdZg9TlF この報告からわかるのは、鈴木氏は積極的経過観察(AS)と「すぐに手術」を分ける基準(二者択一)に自信を持っている。長い経験でASから手遅れ… https://t.co/AkoHAi1Rhc
鈴木先生は検査設定と手術症例から過剰診断を極力避けられているというけれど、小児期の腫瘍が急に成長してプラトーになったり小さくなったりすることはここには入っていない。疑問。 https://t.co/pOggSlWxsP
「発見甲状腺癌は過剰診断ではないのであれば,放射線の影響による甲状腺癌の増加ではと危惧されるが,現時点ではその影響を示唆する様な事象は得られていない。」うむ〜〜〜〜。では、なぜ多発なのか。。 検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術… https://t.co/NRCV1mYhWN
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 35 巻 (2018) 2 号 検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応 鈴木 眞一 https://t.co/whastrAQLR "触診による一次スクリーニングも考慮されるが,通常診療でど… https://t.co/kmau0GA63p
福島医大以外の医療機関で手術した症例数が2015年度末は7例だったのが、2016年度末に6例になった理由を教えてー。 この一か月間、鈴木先生のご回答をお待ちしています! https://t.co/UdFfItgyf8
J-STAGE Articles - 検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応 https://t.co/LlAHDgDz1V 過剰診断という不利益を極力回避できていることがわかった。
検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応(PDF):https://t.co/Rlr0COjgeS
読んでてしんどい気分になる。> 『4.福島の検診後発見された甲状腺癌の治療は過剰診断治療にはなっていないのか?』 https://t.co/WKHDk02bdr
論文(無料,重要): 検診発見での甲状腺癌の取り扱い 手術の適応 https://t.co/I6cMZtJrQM  2018年、鈴木眞一(福島医大)。特に、福島県の甲状腺スクリーニングについて。手術の適応基準など。症例報告も含まれている。

収集済み URL リスト