著者
若林 大志 稲木 杏吏 廣正 智 森 博史 渡辺 悟 山瀬 喬史 赤谷 憲一 萱野 大樹 絹谷 清剛
出版者
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会
雑誌
日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌 (ISSN:21869545)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.255-258, 2018 (Released:2019-02-15)
参考文献数
19

手術不可能あるいは遠隔転移や局所再発を繰り返す悪性褐色細胞腫の治療として,131I-metaiodobenzylguanidine (MIBG)による内照射療法が行われる。131I-MIBGの腫瘍集積は極めて選択的かつ特異的であり,欧米では30年近い治療経験が蓄積されている。一方で,国内では放射線管理にかかる諸問題があり利用は限られていた。近年,悪性褐色細胞腫・パラガングリオーマに対する低用量131I-MIBG治療の多施設共同研究が先進医療Bとして実施され,2017年度には131I-MIBG治療の薬事承認取得を目的とした企業治験が国内で開始されるなど,131I-MIBG治療が我が国でも広がりつつある。本稿では131I-MIBG治療の現況と展望を紹介し,内照射療法の普及がよりいっそう進むことを期待する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 3 posts, 1 favorites)

日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌2018年番に掲載された「悪性褐色細胞腫の放射線療法(内照射)の現況と展望」では、1回当たりの投与量に関して『本邦では3,700~7,400MBqを推奨している』とした上で、 https://t.co/3fFDjYT204
「本邦で実施可能な3,700~16,700MBq程度の単回投与量で行われた治療では,数%~20%程度の症例に骨髄抑制(Gradeについての記載なし)もしくはGrade2の血小板減少症,好中球減少症が発現した」 Grade2の血小板減少で鼻血出ないの? https://t.co/3fFDjYT204
釈迦に説法かもしれませんが、その3条件では効果の期待できる未承認医療も容認できなくならないですか。 例えば悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG内照射療法は、きわめて高価で、副作用もあり、治療期間中CVDなどの標準医療との併用はできませんが、効果は期待できそうです。 https://t.co/8PB5z8oLdQ https://t.co/Uhtt20bqly

収集済み URL リスト