著者
田口 真二
出版者
日本法科学技術学会
雑誌
日本法科学技術学会誌 (ISSN:18801323)
巻号頁・発行日
pp.689, (Released:2015-02-17)
参考文献数
22
被引用文献数
1

We selected a group of men who acknowledged sexual interest in prepubescent girls based on the Sexual Desire Scale for Males (SDS-M). Subjects were members of the general population aged 18 years and above who were not in prison (N=573). The relationship between acknowledging sexual interest in prepubescent girls and factors such as their experience of sexual offence, personality traits, cognition towards women and use of pornography were examined. It was estimated that 10% of survey subjects had acknowledged sexual interest in prepubescent girls. Statistical analysis showed that acknowledging sexual interest in prepubescent girls was significantly related to experience of sexual offence against women, some of sexual desire, some of personality traits and acceptance of sexual violence. A significantly higher proportion of men who acknowledged sexual interest in prepubescent girls had experience of sexual offence against women and of using child pornography compared to those who did not. The results of this study suggest that an understanding of sexual interest in prepubescent girls requires the perspectives of cultural and social learning.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (280 users, 348 posts, 407 favorites)

@the_yuki_chan こちらの論文に詳しくあります。 抜粋「女児に対する性的興味を容認する態度は…性的加害の経験率との間に連関がみられ、女児に対する性的興味を容認する態度が大きいほど性的加害の経験率が高くなる」「暴力的性の… https://t.co/f54tDpCoMA
@sayoridaisuki 薬と言っても治療薬ではなく、ボロボロに蝕む劇薬です。 女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害経験,個人要因および児童ポルノ使用経験との関連 https://t.co/zO2ZkkJ5E3 子… https://t.co/B1YPDdARjs
@iy9000 失礼、リンク切れてました。こちらで⬇︎ https://t.co/zO2ZkkJ5E3
@sayoridaisuki それ言う方多いんですが、小児性愛は病気なので違うんですよね。 小児性愛コンテンツを持つ人が実際に加害する率は高いし、成人への加害のハードルさえも低いという研究結果も出てます。… https://t.co/y1Y6OJmyWz
@tsukuru_ouu 勿論ポルノは否定しません。 但し小児性愛に関するそれは、単なる性癖とは違いますね。 小児性愛者は小児相手のみならず、成人女性への加害のハードルすら低くなるという研究結果も出てます。… https://t.co/DDBKWuUA6a
性的加害経験に関わる要因 ・高い性的欲求 ・強姦や暴力メディアに対する興奮しやすさ ・攻撃性と非協調性 ・買春、のぞき、ポルノグラフィの使用 ・女性に対する敵意及び低い平等的性役割感 https://t.co/OPxX625psY
>実証的研究に基づく女性全体に対する性的加害に関する有名なモデルとしてマラムスの合流モデルがある >非人間的性交 >敵対的男性性 >二つの要因が相まって女性に対する性的加害をもたらすとしている https://t.co/OPxX625psY
>非人間的性交(乱婚性ともいい,相手の人格を尊重しない非人間的な性的関係を求める行動) >敵対的男性性(女性に方向づけられた防衛,敵意,不信感そして不安という要素と,女性を支配し屈辱を与えることによって得られる満足という二つから… https://t.co/gKHt8J89Cw
>女児に対する性的興味を容認する態度は,女性全体に対する性的加害の経験率との間に連関がみられ,女児に対する性的興味を容認する態度が大きいほど性的加害の経験率が高くなる可能性が示唆された https://t.co/OPxX625psY
>女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害の経験率との間に有意な関連が見られ、容認群の性的加害の経験率が最も高かった 《女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害経験,個人要因及び児童ポルノ使用経験との関連》 https://t.co/OPxX625psY
@gamdamo3 文献のURLを貼ってあげますので、ご自分で読みましょう。人にやってもらってばかりじゃいけませんよ。 https://t.co/WGivcmecY8
https://t.co/icxmrLP7yi > Briere and Runtz14)は,子どもに対す る性的興味と女性に対する暴力の容認との間に関連を見いだしており,本研究の結果と整合性があるといえる. へえ……。 勉強… https://t.co/EzZhRo7jrW
女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害経験,個人要因 および児童ポルノ使用経験との関連 https://t.co/dwZTGr6ep8 「女児に対する性的興味を容認する態度が大きい方が,暴力的性の容認,女性性欲の誤認および女性に対する敵意が大きくなる可能性が示された」
女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害経験,個人要因および児童ポルノ使用経験との関連 https://t.co/dwZTGr6ep8 敵対的男性性(女性に方向づけられた防衛,敵意,不信感そして不安という要素と,女性を支配し屈… https://t.co/VdpFdJcZax
虚構でも小児性愛を好む人は、女児への加害率高く、女性への性的加害を容認するという研究結果。 「大人でも虚構と現実を完璧には区別できない」のを認めるべきでは? 「女児に対する性的興味を容認する態度と性的加害経験,個人要因 および児… https://t.co/waJzMs8hFE
@eternalagain 実際「女児に対する性的興味を容認する態度が大きいほど性的加害の経験率が高くなる」というデータはあり、女児に対する性的興味は、女児に関してのみならず女性全体への加害の可能性すら高まるという研究結果はあるん… https://t.co/TFJvkkFikN
本研究は,女児に対する性的興味容認が,性的加害や性的加害に関わる要因との間に何らかの関連があることを示した,日本国内での数少ない研究として意味があるものと考えられる.https://t.co/cXz55EzUFL
【ロリコンの科学】 https://t.co/5gmsFYtnhc

収集済み URL リスト