著者
西上 智彦 壬生 彰
出版者
保健医療学学会
雑誌
保健医療学雑誌 (ISSN:21850399)
巻号頁・発行日
vol.5, no.1, pp.45-51, 2014-04-01 (Released:2014-07-31)
参考文献数
31
被引用文献数
2

痛みに対しての知見はアメリカ議会の2001 年からの“痛みの10 年”宣言の影響もあり,ここ10 年で飛躍的に進歩してきた.しかしながら,未だ本邦におけるリハビリテーション現場において臨床応用されてないのが現状である.今回,臨床での実践に役立つように痛みの「感覚的側面」,「情動的側面」,「認知的側面」に対する各種評価と関節不動化の痛み,慢性腰痛,求心路遮断性疼痛に対してのリハビリテーション方略について概説する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (37 users, 39 posts, 153 favorites)

J-STAGE Articles - <b>痛みに対する評価とリハビリテーション方略</b> https://t.co/wPQkfexzdz #論文_メモ #痛み
https://t.co/CWYb2icV7o
「痛みに対する評価とリハビリテーション方略」 同級生の西上氏の総説です。僕の知るかぎりここまで痛みの病態に応じて評価すべき項目を網羅的、かつ簡潔に説明されている総説は読んだことがありません。サークルのゲストトークの第1回に登場してくれるのでご期待ください。 https://t.co/Pe1ROuvt4y
✅痛みの評価 後輩から痛みに関して質問されたらコレを元に伝える事が多いです
<b>痛みに対する評価とリハビリテーション方略</b> 今日はこれ。 https://t.co/M58mMMoOAl
【痛みに対する評価とリハビリテーション戦略】は臨床でめちゃ役立つ総説やと思う(無料です)。 痛みをさまざまな側面から理解することの重要性と、その評価方法が確立されてることはわかってるけど、RDQ・PCS・TSK・CSI…など、色々あって理解しにくい!って方は必読やと思う。https://t.co/Pe1ROuvt4y https://t.co/bpe7yWMNrc
@ruruuuuwn MICDには2種類あるみたいですね! 初めて知りました
痛みの評価は難しい https://t.co/f85EfczMKX

収集済み URL リスト