著者
小磯 学
出版者
日本沙漠学会
雑誌
沙漠研究 (ISSN:09176985)
巻号頁・発行日
vol.25, no.2, pp.43-51, 2015 (Released:2015-10-27)
参考文献数
46

数千年間育まれ,今日のヒンドゥー教へと受け継がれてきた牛の神聖視は,乳とその加工品,糞や尿にも浄化作用や豊饒をもたらす力があるとする独自の世界を形成している.なかでも牛糞は,祭りや儀礼の場では神像が作られ,また祭り火の燃料として重要な役割を果たしている. ここでは,今日の祭りにおける牛糞の利用について総括する.先行研究は乏しく事例報告が限られているため,その嚆矢として位置づけたい.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@clausemitz 瘤牛は神聖視するが水牛はそうでない、など、神聖視される牛にも色々あるようです https://t.co/7f06Gj2ChN
ヒンドゥー教における牛の神聖視と糞の利用 https://t.co/709EzCHzS0
興味深い論文みつけた! 小磯学(2015):「ヒンドゥー教における牛の神聖視と糞の利用」『沙漠研究』25(2):43-51. https://t.co/LlxY2e5z66

収集済み URL リスト