著者
森田 幸 根ヶ山 清 三好 そよ美 堀尾 美友紀 荒井 健 村尾 孝児
出版者
一般社団法人 日本臨床衛生検査技師会
雑誌
医学検査 (ISSN:09158669)
巻号頁・発行日
vol.64, no.6, pp.767-771, 2015-11-25 (Released:2016-01-10)
参考文献数
6

MRSA選択分離培地(MRSA-CI寒天培地,CHROMagar MRSA II寒天培地,MDRS-K寒天培地)について発育支持能および鑑別性能の比較検討を行った。発育支持能をMiles & Misra法により評価した結果,3種類の培地に差は認められず,ほぼ同等の発育支持能を有していた。鑑別性能については,鼻腔分泌物等の臨床材料120検体を用いて,24時間および48時間培養後に発育状況を判定した。24時間判定におけるそれぞれの培地の感度/特異度は,MRSA-CIが88.4% / 100%,CHROMagar MRSA IIが90.7% / 100%,MDRS-Kが88.4% / 100%であった。48時間判定においては,MRSA-CIが95.3% / 100%,CHROMagar MRSA IIが95.3% / 100%,MDRS-Kが95.3% / 97.4%であり,3培地ともほぼ同程度であった。また,いずれの培地においても24時間判定に比べて48時間判定で検出感度が向上した。MRSA選択分離培地は,簡便性に優れたMRSA検出法であるが,菌量が少量の場合や呈色が弱い菌株では,検出・判定が困難となることもあり,各培地の特性を十分把握したうえで適切に使用する必要があると考えられた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 16 favorites)

カルテに最終結果が反映されるのはいろいろ確認をしてからになります そのため、検査室に行くとカルテの反映よりも早く臨床的に重要な情報が入手でき、非常に勉強になります 細菌検査に限らず、様々な検査において技師さんと仲良くなると、臨床能力が非常に向上しますよ https://t.co/7uiPRdGxjZ https://t.co/7ftQwIqYG3 https://t.co/7dXVcGAs9b
検討論文は結構あります。 MRSA 選択分離培地の鑑別性能の比較検討 https://t.co/adVPRfxizj 5 種類のブドウ球菌選択培地および 7 種類の MRSA スクリーニング培地の検出性能比較 https://t.co/7ZN110ZbiD 各種MRSAスクリーニング培地の比較検討評価 https://t.co/IBcBETYe0E

収集済み URL リスト