著者
古市 憲寿
出版者
北ヨーロッパ学会
雑誌
北ヨーロッパ研究 (ISSN:18802834)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.53-62, 2012 (Released:2018-10-01)

本論文は、ノルウェーにおける戦後育児政策を検討するものである。1960年代までノルウェーは「主婦の国」 と呼ばれており、労働力不足であったはずの戦後復興期にも女性が労働力として注目されることはなかった。しかし1970年代以降、パブリック・セクターの拡大に伴い、母親を含めた女性の労働市場への進出が本格化、「主婦」というカテゴリーは失効していく。そこで前景化したのが 「子ども」である。近年は現金による育児手当など、「主婦」ではなく「子ども」の価値を強調することによって、男女の性差を前提とした政策が実施されている。それは、国家フェミニズム成立時の「母親」と「国家」の同盟が、ノルウェーにおいては男女の差異を前提として成立したためだと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

古市氏は以下のような手堅い学術論文を書ける人であることを知っていたので、テレビ上のキャラは世を忍ぶ仮の姿なんだろうと考えていたが、最近は残念なことに仮の姿のほうが本丸になってしまっている。/「主婦」から「子ども」の国へ:ノルウェー… https://t.co/ND5Todlszd
@SeishiT0228 一つ、(おそらく)彼の論文、見つけました。https://t.co/7j5Al2nOFT 2011年の論文っぽいです。

収集済み URL リスト