著者
渡辺 茂
出版者
日本動物心理学会
雑誌
動物心理学研究 (ISSN:09168419)
巻号頁・発行日
vol.59, no.1, pp.89-97, 2009 (Released:2009-07-28)
参考文献数
34

Animal study in modern psychology has started as animal model study for general theory of human behavior. I examined pigeons and songbirds as models of human visual cognition and human auditory cognition respectively. Due to difference in anatomical structures and evolutionary history between the birds and humans, research to understand human cognition by avian models has limitation. On the other hand, researches with birds, far distant animals from human beings, are crucially important to understand visual and auditory cognitive faculty in general, because these faculties are not human-specific but widely spread in animal kingdom.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 12 favorites)

"シェーンベルグの止まり木にはあまりとまらない。そればかりか,シェーンベルグの止まり木よりも音のしない止まり木に長くいるので,シェーンベルグは負の強化効果がある。 " https://t.co/ThJI95qPQp
「バッハが聴き易くシェーンベルクが聞き辛いのは動物的本能である」という結論を導きたいのは分かりました @tinouye RT>とても面白い論文。鳥の絵画弁別能力や音楽弁別能力について。「なぜトリとヒトを比較するのか」 https://t.co/fBdMRSQpcn …
とても面白い論文。鳥の絵画弁別能力や音楽弁別能力について。バッハとシェーンベルク、さらにヴィヴァルディとカーターとか、いろんな研究があるんだなぁ。。。「なぜトリとヒトを比較するのか」 https://t.co/RmvbYmMsw5

収集済み URL リスト