著者
今野 晃嗣 長谷川 壽一 村山 美穂
出版者
THE JAPANESE SOCIETY FOR ANIMAL PSYCHOLOGY
雑誌
動物心理学研究 (ISSN:09168419)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.19-35, 2014 (Released:2014-06-24)
参考文献数
78
被引用文献数
1

Individual animals show consistent differences in their behavioral tendencies. Some individuals are generally bolder, shyer, or more aggressive than others. This phenomenon is termed as animal personality or behavioral syndrome, and it has been observed in a wide range of animal species. In this article, we review the personality concepts and methodologies that has been used in two major study fields on this topic, i.e. the animal personality psychology and the behavioral syndrome research. Then, we shed light on how we can understand consistency in individual behavioral tendencies and how we can describe individual differences in animal behavior, by focusing on the differences and similarities between two study fields. Finally, we emphasize the importance of evolutionary framework for an integrated understanding of personality in non-human animals.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 2 posts)

Twitter (18 users, 22 posts, 24 favorites)

@murmurmia パーソナリティ研究だとこちらの論文がとてもよくまとまっています。動物パーソナリティ心理学と行動シンドローム研究における動物の性格概念の統合的理解 https://t.co/IKwLK4Sl72
動心研究のアクセス解析論文に書きましたが(https://t.co/lxeKOigaWb)、最近5年に出版された論文のうち、一番読まれていたのは@akitsugukonno さんの「動物パーソナリティ心理学と行動シンドローム研究に… https://t.co/T7nDkhlVtQ
「動物パーソナリティ心理学が見出してきた性格次元に関する知見は,評定法に基づく研究から得られた結果の解釈が難しいという根本的な問題点...評定法に基づく研究は,評定者が動物行動を特性に置き換えるときの擬人化の影響を排除できない」 https://t.co/lyttWRKTJJ
今野晃嗣・長谷川壽一・村山美穂(2014) 動物パーソナリティ心理学と行動シンドローム研究における動物の性格概念の統合的理解 動物心理学研究, 64(1), 19-35. doi:10.2502/janip.64.1.2. https://t.co/xfUUY5e865

収集済み URL リスト