著者
阿部 恒之 高野 ルリ子
出版者
社団法人 におい・かおり環境協会
雑誌
におい・かおり環境学会誌 (ISSN:13482904)
巻号頁・発行日
vol.42, no.5, pp.338-343, 2011-09-25 (Released:2016-04-01)
参考文献数
38

化粧に関する心理学的研究は,1980年代から盛んになってきた.化粧は慈しむ化粧(スキンケア)と飾る化粧(メーキャップ・フレグランス)に大別されるが,感情に及ぼす影響に関する研究は,そのいずれもが高揚と鎮静をめぐるものであった. 喩えるなら,メーキャップによって心を固く結んで「公」の顔をつくって社会に飛び出し,帰宅後にはメーキャップを落とし,スキンケアをすることで心の結び目を解いて「私」の顔に戻るのである.すなわち,化粧は日常生活に組み込まれた感情調節装置である.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

最近化粧心理についてよく目にするので、ほほ~んと思ったおススメ文献のリンク貼っておきます✋ https://t.co/3u3dW1QNq0 https://t.co/mfh5WqE7bL
@Alupinas 化粧品の技術展示会で、セミナーとかで、ありましたね(時間の関係で聴講できなかったのが残念・・・) 感情への影響とかは、論文とかもありますよ↓ https://t.co/nuOIPJkvH9 https://t.co/KEBERi9au7

収集済み URL リスト