著者
高橋 和子
出版者
公益社団法人 日本女子体育連盟
雑誌
日本女子体育連盟学術研究 (ISSN:18820980)
巻号頁・発行日
vol.27, pp.1-20, 2011 (Released:2012-03-23)
参考文献数
47

本研究は,世界最高齢の舞踏家大野一雄が38年間勤務した捜真女学校における「ダンス授業」や「クリスマス行事での聖劇」に着目し,どのようなダンス教育をしたのかを舞踏活動との関連も含めて探ることを目的とする。研究方法として,文献,大野一雄アーカイブ資料,および女学校関係者への半構造化面接法などにより得られた資料を,(1)経歴(教育・舞踊関連年表)の作成,(2)体育教科におけるダンス指導とマスゲーム『美と力』振付の点検評価,(3)聖劇とサンタクロース扮装の点検評価,などの観点から分類整理し,考察を行った。その結果,大野は半世紀以上にわたり捜真女学校に関わり,ダンスや聖劇を通して「形を教え込む」のではなく,「真剣な言葉かけ」によって自己の内面に対峙させ,「自由な表現を引き出した」ことが明らかになった。教育者であり舞踊家であった大野は,謙虚さと奉仕と愛情に満ち溢れた信仰心で子どもや生徒に接し,一連の教育法は世界的に活躍する舞踏家となっても変わることなく,人間の可能性を引き出し生と死のテーマを表現してきたといえる。大野の生き方は創作ダンスや教育の原点にも通じ,ダンス指導法への示唆を得ることができた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 4 favorites)

...男娼ディヴィーヌをオレンジ色のネグリジ ェを着て踊る」(大野2007:p3)のであるから, 女学校の信頼や理解を相応に受けていたと思われ る。” “やせている大野は,生徒たちの間では「猿の燻 製・ミイラ」のあだ名で呼ばれるほど,好かれて いる教師であった。” https://t.co/IMRMGSVzIq
最近読んだ論文の中で最も味わい深かったもの。世界的舞踏家の女学校体育教師として真摯で献身的な活動の研究。高橋 和子 大野一雄のダンス教育に関する一考察:捜真女学校時代の指導経緯を中心として http://t.co/Y7cW5EwpV9

収集済み URL リスト