著者
中島 敬史
出版者
石油技術協会
雑誌
石油技術協会誌 (ISSN:03709868)
巻号頁・発行日
vol.80, no.4, pp.275-282, 2015 (Released:2017-05-10)
参考文献数
28

This is a review of recent published papers regarding the theory of abiogenic origin of petroleum such as Kutcherov and Krayushkin (2010) “Deep-seated abiogenic origin of petroleum.” It discusses the overview of the theory and its credibility with various geological evidences, such as the presence of liquid oil and hydrocarbon gas in primary fluid inclusions in mantle derived rocks, existence of 496 basement oil and gas fields in 29 countries, and oil discoveries at ultra-deep hot temperature reservoirs.Experimental abiogenic hydrocarbon generation by CaCO3-FeO-H2O system at upper mantle ultra-high pressure condition has once been proven by several Russian and Ukrainian academic teams, such as Kenny et al. (2002). And its credibility was reconfirmed by several American academic teams such as Scott et al. (2004) during the last decade.The theory has already been applied to actual oil exploration. The Ukrainian Academy of Science achieved an extremely high success ratio of 57% through actual oil exploration with the abiogenic theory by 1990's. The exploration area in Dnieper-Donets Basin, Ukraine, had been disqualified as a prospect for a long time, due to the absence of source rocks. However, over 50 oil and gas fields have been discovered in Precambrian crystalline basement rocks and Paleozoic sedimentary rocks in the area so far.Practical applications of the abiogenic theory in explorations like the case of the Ukrinian Academy of Science are seldom performed in the world. However, the author sees that the said theory will soon be cognized as a highly effective exploration guide among oil exploration geologists.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

1.有機合成論の方が濃厚ですが、無機成因論が否定されてはいません。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/japt/80/4/80_275/_pdf 結論は出ていません。 2.たとえ「無機成因論」が正しいとしても、現在でも作られているという保証にはなりません。資源が枯渇する可能性は十分にあります。 3.少なくとも「石炭」については植物由来であると考えられ ...

はてなブックマーク (9 users, 9 posts)

[エネルギー] このように石油が無機的に生成可能であることは,西側諸国においても次第に証明されつつある
“石油の無機起源説に関する最近の進展”

Twitter (358 users, 373 posts, 124 favorites)

原油は死んだ動物のエキスやと思ってたが、現在は地球内部から湧き出してる説が有力になりつつあるらしい https://t.co/zGwUXaELO6
昔見た話では有機起源説と無機起源説があり、まだどれが正しいかわからないということだったけど、最近は有機起源説が強いのね。 でも無機起源説の研究も進んでいて今後どうなるのかまだわからないかしら……って思った。 ”石油の無機起源説に関する最近の進展(2015)” https://t.co/e7LY7s2LbG https://t.co/cYuHhjYnif
これみると2015年になっても無機起源説はまだ説得力がある https://t.co/ULvX7QeU60
石油無機物由来説。真面目な話やで。 https://t.co/81wixH3SUt
J-STAGE Articles - 石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/MyRkaNzUMp
https://t.co/Ielz00yCxh この話と https://t.co/hnrtI0Qlgr この論文 石油はほぼ無限のエネルギーだぁ〜。 日本も産油国になれるぞw
化石燃料化石燃料言ってるけど、今はまだ化石由来か地殻由来かで分かってないんやで。 だから石油が枯渇しない可能性も十二分にあるんやで。 https://t.co/DMvYPywf9Y
@presentmidnight 是非調べてみてください100年前から「埋蔵量は40年」や技術の進歩で埋蔵量が増えるお話、このあたりがおすすめです。2002年のロシアの実験のお話も乗っています。 https://t.co/zKqtuEmYMm
論文や研究結果見てると偶に繋がる事があるのだけど、面白いものを発見。 石油、天然ガスは有機物だけでなく、無機物も起源である可能性が高いなぁと思っていたのだが、 多分そのうち証明されそう。 https://t.co/4ptmSxGg9b
石油無機起源説の最近の進展 https://t.co/zKqtuEmYMm https://t.co/BDz4C7XsxP
化石からじゃなくても無機的に生成できることが証明されてるらしい 石油の無機起源説に関する最近の進展 - 石油技術協会誌 https://t.co/D7NS3birML
中島敬史(三井石油開発株式会社) 「石油の無機起源説に関する最近の進展」 石油技術協会誌 第80巻 第4号 (平成27年7月)275~282頁 https://t.co/IPy6JaV37e
油はマントルがゴニャァーと高圧高温でぐるぐる混ぜ合わせると無限に発生するという論文を軽く読んだけど、もしそうなら日本もワンチャンどころか深く掘れば油が出るんじゃねのーと思うし、無限に出るなら定価にすることも可能な気がしてならない。https://t.co/87ColOGPzS
石油の無機物起源説って、旧ソ連発で結構ふるい歴史があるんですね... https://t.co/A9NfRJvmSC
@crypTO__DeltA @yo_check_yahhh 石油がマントルから出てきてるものって説もあるぽい。 ちゃんと読んでないけど https://t.co/e0Q4zNQxyP
石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/jiD4jcymTw へー 「石油は動植物の死骸が云々で、このままではあと○十年で枯れる」って学校で習ったけど、最近の研究ではマントルの副産物で永久に枯れないって事になってるのか。
@hirat @IkedaKiyohiko @togeari 市場戦略的な理由で機密扱いにしていた」と、化石由来で無い事が論じられていたようです。 今では、 石油の無機起源説に関する最近の進展 中 島 敬 史 https://t.co/3w80gqyOEw にあるように、 化石燃料では無いことが主流に成りつつあります。(04)
#NHK #チコちゃんに叱られる これを無視しないでほしいです。 石油の無機起源説に関する最近の進展中 島 敬 史 https://t.co/zKqtuEmYMm
https://t.co/JwdJMMNjht ああ マントルが饒舌に 火を吹き上げて
@wing_ghost 新しく発見された油田や、採掘できなかった場所の油田が技術進歩で掘れるようになった事もあって使用可能量が増えた事が大きいみたいです。(2016年時点で57年で、徐々に伸びてる)あとはマントルから無機物生成されているのではという説の状況証拠が増えてきたりなども。 https://t.co/bCnHQXbC2N
石油は果たしてあと40年くらいで枯渇するのか? 実は、同じことが1970年台から発信され続けている。
@beepcap トマス・ゴールドが石油無機起源説を唱えたあと色々論争がおきており、今のところ決着はついてませんが、だんだん無機説の証拠が増えているのが昨今です。 https://t.co/JJ1ZAHLjB8 植物由来のプラスチックは生分解するので、環境負荷という面では有効でしょう。
@mgrbq46 石油は石炭のような化石燃料ではありません。御心配なく。もはや石油会社の人間がこのように書く時代です。 中島敬史 「石油の無機起源説に関する最近の進展」 石油技術協会誌 第80巻4号(平成27年7月) pp. 275~282 https://t.co/IPy6JaV37e
カーネギー研究所やスウェーデン王立工 科大の研究チームは,超高圧下の化学反応で無機起源メ タンの重合により原油も無機的に生成することを証明し た(Kolesnikov et al., 2009) https://t.co/1Ya8kG7FkS
https://t.co/dymnuQlDq7 >上部マントルではメタンの重合で生成した重い炭化水素が安定的に存在する可能性を導いた(Spanu et al., 2011)。 メタンの重合とかいう魅力的なワード
このように石油が無機的に生成可能であることは,西側諸国においても次第に証明されつつある / “石油の無機起源説に関する最近の進展 - J-Stage (PDF)” https://t.co/DUwFiz3psY
https://t.co/09tYOpjLE7 https://t.co/pDHjL7VFwZ
(PDF)このように石油が無機的に生成可能であることは,西側諸国においても次第に証明されつつある / “石油の無機起源説に関する最近の進展 - J-Stage (PDF)” https://t.co/DUwFiz3psY
なんかすごくよくまとまってる石油マントル起源説レビュー(日本語) 石油は地球によって作られていて、枯渇しない、というやつ。 https://t.co/IXQeP2A49p
石油は古代の生物に由来する、とは限らないんだって! https://t.co/xLsaVLAwXK
https://t.co/nfF70PNSky
『地球マントル全体の石油資源ポテンシャルを95~372×10^17トン(70,000,000兆~268,000,000兆バレル)と試算した。これは現在の世界の石油確認可採埋蔵量(2兆8,559億バレル,BP統計2013年末)の値の1億倍に相当し』わろてる https://t.co/QRL1tjGk4k
@ayatsuki_0921 先生、石油の無機起源説ってどうですか? https://t.co/4iBExzcuu9 [PDF]
石油技術協会誌:石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/4T1Gzb5TwB
石油無機起源説について。非常に参考になった。無機起源説が明らかになれば「枯渇」の文脈から石油使用量削減の議論はなくなるだろう。しかし燃焼に伴うCO2の増加は明白なので、温暖化を遅くする文脈から、使用をいかに減らすかが議論の中心に(そうなりつつあるようだが) https://t.co/FC68QRhuoF
石油って有機物由来説だけなのかと思っていたら、マントル起源説なんてのもあったのか。それだと無尽蔵と言って良いほどの貯蓄量があるらしい。今まで知らなかった。 https://t.co/zwWrwA6Tjj
石油の無機起源説に関する最近の進展 - J-Stage https://t.co/71v3BYGKN7 中島敬史 著 - 2015
石油の無機起源説に関する最近の進展 https://t.co/UFraKOBdn5
2015年。石油の無機起源説に関する最近の進展 > https://t.co/10OUqnytx1
@mushioda 石油は40年以上前から40年後には無くなると言われ続けている歴史がありますが、今も地球の地下深くで生成している https://t.co/ALv0xtrjMk ので大丈夫。石油は化石燃料ではないと思いますよ。
インターネットで見つけた石油の「無機由来説」の論文。石油で日本にとって一番お世話になってるサウジアラビアで、枯渇しそうでなかなか枯渇しない、無尽蔵に湧いてる感のある石油の謎を解く手かがりに繋がるかもしれない論文。https://t.co/kUJukg6Bmm
@rocky_mtb 無機起源説の最近についての論文が有りました https://t.co/AfGA4uvBqc
石油は、ほぼ無限にあるような 原発は、やはり要らhttps://t.co/sbRzmMxNUG

収集済み URL リスト