著者
Makoto Kobayashi
出版者
Japan Association for Quaternary Research
雑誌
The Quaternary Research (Daiyonki-Kenkyu) (ISSN:04182642)
巻号頁・発行日
vol.38, no.4, pp.327-343, 1999-08-01 (Released:2009-08-21)
被引用数
3 or 0

箱根火山周辺域に分布する箱根火山起源テフラ(降下軽石,火砕流堆積物)と富士火山起源テフラ,および広域テフラの層序関係を確立し,箱根火山中央火口丘の噴火活動史・火山体形成史を明らかにした.中央火口丘期の噴火活動は,新期カルデラ内に先神山(pre-Kamiyama)が形成されることにより始まった(約50ka).先神山の噴火活動は,最初,噴煙柱を形成しながら軽石を噴出していたが,徐々に軽石よりも類質岩片を多く噴出するようになり,最終的には先神山の一部が崩壊した(早川泥流CC2:約37,38ka).先神山崩壊後は,粘性の高い溶岩の大規模な流出に伴って,火砕流(block and ash flow)を頻繁に流下させながら溶岩ドームを形成する噴火様式に変化し,神山を中心とした中央火口丘群が次々と形成された.これらの結果から得られた噴出量階段図より,最近11万年間のマグマ噴出率は7.6×1011kg/kyと求められる.しかし,詳細に見ると,この噴出率は段階的に減少傾向を示していることが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (22 users, 23 posts, 14 favorites)

何か女優さんが,“強羅に知り合いがいて,風評被害で大変そうです.皆さんにはきちんと箱根山のことを知ってほしい,”という内容のコメントをしていました. 分かりました. 小林淳(1999)箱根火山の最近5万年間のテフラ層序と噴火史:https://t.co/YILrSVmpyR
RT @usa_hakase: そのほかの参考文献:箱根火山の最近5万 年間のテフラ層序と噴火史(小林淳1999)https://t.co/jrdNYXGPrU
RT @usa_hakase: そのほかの参考文献:箱根火山の最近5万 年間のテフラ層序と噴火史(小林淳1999)https://t.co/SjoOxEf6Cp
“@usa_hakase: そのほかの参考文献:箱根火山の最近5万 年間のテフラ層序と噴火史(小林淳1999)https://t.co/bDTKBm2D4v”

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaqua1957/38/4/38_4_327/_pdf (22)