著者
岡田 隆 石津 嘉昭
出版者
日本エアロゾル学会
雑誌
エアロゾル研究 (ISSN:09122834)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.156-164, 1986-09-20 (Released:2011-06-28)
参考文献数
38
被引用文献数
2

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

@Nimrod_Xmas ご参考に https://t.co/bJDyPYAu2Z https://t.co/JUXcD4J4WI
「エアロゾル」が判らない人はタバコの煙を想像すればイイよ。 粒子の大きさはタバコ煙の最小サイズがコロナウイルスくらい。 ウイルスのエアロゾルはタバコの煙の様に密度が濃くはないから、空気中で皆んなが皆感染しはしないだろうけど、密室や密着は危ないね。 https://t.co/AG1uoiioMm
ですね。0.1~1μm http://t.co/dNcCuKryJd RT @otomeza912: タバコの煙もPM2.5になるのでは?RT @ug_oku: 「PM2.5 は粒径が2.5μm以下だから人体に影響がある」“その組成には関係なく…”との理解で良いのかなぁ?…

収集済み URL リスト