著者
村山 泰啓
出版者
日本エアロゾル学会
雑誌
エアロゾル研究 (ISSN:09122834)
巻号頁・発行日
vol.25, no.3, pp.211-218, 2010 (Released:2010-10-20)
参考文献数
35

Noctilucent (night-shining) cloud (NLC), which is often called polar mesospheric cloud (PMC) also, consists of water-ice particles with approximate radii of 10–50nm, usually being formed in the polar summer mesopause region (82–85km altitude). Ground-based visual, lidar, and radar observations and space missions as well as model/theoretical research have been carried out to clarify the NLC/PMC's climatology, characteristics, and formation mechanisms, extending the observations to mid latitudes in both hemispheres. The influence to global warming is controversial to some extent, while a significant correlation between 11-year solar cycle to NLC variation is suggested. Through the radar studies of “polar summer mesosphere echo (PMSE)”, the NLC particles' important role has been recently stressed, leading to new “dusty plasma” sciences in the weakly-ionized upper atmosphere.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (39 users, 43 posts, 72 favorites)

太陽が地平線より6°~12°下にある日の出前と日没後、高い高度にある夜光雲が映し出される事になる。https://t.co/7IOSdpSvxe
6月21日にフランスのパリで撮影された夜光雲の写真です。夜光雲は高度約85kmの非常に低温な高層大気中で形成され、凝結核としては流星起源のエアロゾル粒子や硫黄成分のエアロゾルなどが考えられています。大気重力波による縞状(波状)構造が見られ、不気味ながら美しい。https://t.co/3e7a595WEo https://t.co/1Ess0Vz8zw
>夜光雲の輝度や出現頻度については,太陽活動の11年周期変動と,1年程度の一定の遅れがあるものの,明瞭な逆相関がみられることは多くの研究で示されている。(Kirkwood et al., 2008; DeLand et al., 2003; 2007など)https://t.co/FBZ0jEvHva より。
記事中に「"流星の煙"でできた」という記述がありますが、夜光雲を形成するのに必要な凝結核の候補には、流星起源のエアロゾル粒子も挙げられているそうです。 https://t.co/P8Z130LKc7
イギリスのクムリンでみられた見事な夜光雲。ぜひ全画面表示で。 最近の夜光雲写真のあるページ:https://t.co/Y0fiToLNPE 関連 https://t.co/fhSObkKfEu https://t.co/MhJrcHEGcv https://t.co/ES6S56wl7K
@1215_50 @Astro_Wakata @Astro_Kimiya @Astro_Soichi @Aki_Hoshide 流星からのエアロゾル粒子が凝結核となって夜光雲に? 参考:https://t.co/FBZ0jEe6DC https://t.co/ItluGWnboH
夜光雲写真集  http://t.co/Jq3i7ga4Fe  夜光雲について http://t.co/82QXK95drk http://t.co/fhSObl2oSC  https://t.co/MhJrcHWPqD

収集済み URL リスト