著者
小木曽 洋一
出版者
日本エアロゾル学会
雑誌
エアロゾル研究 (ISSN:09122834)
巻号頁・発行日
vol.9, no.3, pp.221-226, 1994-09-20 (Released:2010-08-27)
参考文献数
27
被引用文献数
1

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (14 users, 15 posts, 4 favorites)

小木曽 洋一: 放射性粒子吸入による生体影響 - プルトニウム微粒子の発癌性 - , エアロゾル研究, 9, 221-226 (1994) https://t.co/uNuIBmjoUC ついに見つけたベータ粒子被曝ビーグル犬実… https://t.co/0HMFaIK5Ai
プルトニウムは原子炉での存在形態が水に対する溶解性のきわめて低い酸化物であり、飛散するとエアロゾルとしての挙動を示すため、その吸入被爆による呼吸器系への身体的影響が最も大きなリスクの対象となる。   プルトニウム微粒子の発がん性 https://t.co/Rt2kDEZW
【論文みっけ】「放射性粒子吸入による生体影響~プルトニウム微粒子の発癌性~」(小木曽洋一) http://t.co/XfnVWG1...
【論文みっけ】「放射性粒子吸入による生体影響~プルトニウム微粒子の発癌性~」(小木曽洋一) http://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/9/3/221/_pdf/-char/ja/
メモ:放射性粒子吸入による生態影響-プルトニウム微粒子の発ガン性- (放射線医学総合研究所) http://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/9/3/221/_pdf/-char/ja/
放射性粒子吸入による生体影響http://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/9/3/221/_pdf/-char/ja/
【放射性粒子吸入による生体影響 - プルトニウム微粒子の発癌性 - 放射線医学総合研究所第三研究室室長 小木曽洋一】http://www.jstage.jst.go.jp/article/jar/9/3/221/_pdf/-char/ja/

収集済み URL リスト