言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

2008年の南オセチア紛争が北京五輪、2014年のクリミア危機がソチ五輪開催とタイミングを合わせて発生したことがちょっと注目されていたらしい。「今回も」だな。

Twitter (250 users, 257 posts, 539 favorites)

全然分からん…。 一線級のパネルディスカッションなのでまあそうだが、今のウクライナ情勢に繋がるものは細々と拾えたような気がする。 元々袴田先生の指摘が鋭いとバズってたが、それは納得。国際法をもっと勉強したい J-STAGE Articles - ウクライナ危機をめぐる国際関係 https://t.co/t0KOVzh0ZA
https://t.co/jc9Qo3KvJh memo
空気読む、棲み分けが普通の「同業者」間での率直な批判は少ないように見受けられる。例外は、2014年ロシア東欧学会パネルディスカッション「ウクライナ危機をめぐる国際関係」でのフロアの袴田茂樹先生のコメント。今回露呈した研究者の認識論的問題を鋭く突いている。https://t.co/o8MlTkYBat https://t.co/cY5NyxFnea https://t.co/q1xySH2zYt
・ウクライナ危機をめぐる国際関係。https://t.co/SQhd2AT8L7
・南オセチア紛争(2008)は北京五輪の最中に起きている。クリミア危機はソチ五輪中。https://t.co/SQhd2AT8L7
・グルジアのロシアパスポート。アブハジア、南オセチアの住民の約90%がロシアのパスポートを保有する。P2。https://t.co/SQhd2BabN7
18P目 木村武雄氏の書いてある事を読んでおいてください 一部引用 もともとウクライナは 300 年の間,ポーランド領 戦間期には,チェコスロバキア領 クリミア半島はもともとロシア領 の同盟 300 年を記念して,ウクライナに編入 ソ連全体の中の枠組みであったと考えられます https://t.co/BDIyzAQ12V
2008年の南オセチア紛争が北京五輪、2014年のクリミア危機がソチ五輪開催とタイミングを合わせて発生したことがちょっと注目されていたらしい。「今回も」だな。 / “ウクライナ危機をめぐる国際関係” https://t.co/XvNppFE4UU
2013年に中国の核の傘をウクライナ提供する条約締結 「ウクライナが核の脅威に直面した際、中国が相応の安全保障をウクライナに提供する」 https://t.co/OupyLMODcq

収集済み URL リスト