著者
荒木 亮
出版者
日本文化人類学会
巻号頁・発行日
pp.20, 2018 (Released:2018-05-22)

本発表は、インドネシアの地方都市・西ジャワ州バンドゥンの周辺に位置するスンダ人・ムスリムの村落(K村)にて行われている憑依儀礼(クダ・ルンピン〔kuda lumping〕)について報告する。そのうえで、かかる儀礼的慣習に対する、人々のイスラームという視点に基づいた語りを手掛かりに、村落社会の発展(近代化)とイスラーム化、さらには伝統復興といった現地の生活世界を素描する民族誌的な試みである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 1 favorites)

"J-STAGE Articles - 憑依儀礼をめぐる多声性とインドネシアの「モダニティ」" https://t.co/oWOsyX9Zy6

収集済み URL リスト