著者
橋本 泰樹 上野 修平 大内 紀知
出版者
一般社団法人 経営情報学会
巻号頁・発行日
pp.160-163, 2015 (Released:2016-01-29)

近年、デジタル化の進展により、製品の高機能化・多機能化が急速に進んでいる。しかし、高機能化・多機能化が進むほどユーザーの製品理解が難しくなるため、メーカーの提案した付加価値を、ユーザーがそのまま受け入れるとは限らない。そのため、メーカーは自社や他社の提案する付加価値が、顧客にどのように受け入れられているのかを把握する必要がある。そこで本研究では、各メーカーが提案する付加価値と、それに対するユーザーの反応を定量的に明らかにすることを目的とし、デジタルカメラの製品プレスリリース、製品ユーザーレビューに対してテキストマイニングを用いた分析を行い、製品の付加価値形成プロセスへの新たな示唆を得た。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 5 posts, 2 favorites)

橋本泰樹ほか (2015). 「テキストマイニングを用いた製品の付加価値の定量的把握」 https://t.co/N9bNZeSudx (PDF)
3 3 https://t.co/nccysK7k6n
2 2 https://t.co/D917EAFDq8
#研究事例リストに追加しました:橋本泰樹・上野修平・大内紀知 2015 「テキストマイニングを用いた製品の付加価値の定量的把握」 『経営情報学会 全国研究発表大会要旨集』 2015f: 160-163 https://t.co/AwoKbReoDL

収集済み URL リスト