著者
安高 翔大 細野 繁
出版者
一般社団法人 経営情報学会
雑誌
経営情報学会 全国研究発表大会要旨集 2020年全国研究発表大会
巻号頁・発行日
pp.182-185, 2021-01-28 (Released:2021-01-18)

このサービスは、患者の認知力低下による処方記憶の喪失や薬局の入力の誤りに対して処方実績の正しさを保証するサービスである。このアプリケーションは、患者の薬データの改ざんを防止し、正確なデータを表示することでデータの信用性に繋がる。しかし、現在は対応した手法が不足しており信用性が欠けてしまいサービスの提案が困難となり、お薬手帳アプリに改ざんがあった場合にアプリケーションの信用性が欠けてしまうのである。そのために、アプリケーションの信用性を改善するために、Hyperledger Irohaのプライベートブロックチェーンやブロックチェーンのハッシュ関数を用いてお薬手帳アプリの信用性を改善することが課題である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

>Hyperledger Irohaのプライベートブロックチェーン まあ落としどころとしてはこんなところ感 J-STAGE Articles - お薬手帳の電子化促進に向けたデータ信用確保の提案 https://t.co/UbXIRK3jMO

収集済み URL リスト