著者
井手口 彰典
出版者
The Japanese Association for the Study of Popular Music
雑誌
ポピュラー音楽研究 (ISSN:13439251)
巻号頁・発行日
vol.8, pp.3-16, 2004-12-28 (Released:2009-10-29)
参考文献数
22

筆者の考えによれば、いわゆる「ストリートミュージシャン」という言葉によって示される対象は、特に90年代後半からの日本において大きく変質してきている。旧来的には当然であった「芸を演じる」という感覚を持ち合わせない者たちが出現しているのだ。しかしそのような変質に着目する研究的視点は未だ少なく、旧来的なストリートミュージシャン像との間に混乱をきたしている。本論文は、近年現れた「非-芸人」とでも呼びうる新たなストリートミュージシャンを、特に他者との関係性から分析し、旧来的なものとは区分して捉える重要性を提言する。またそのような異質なストリートミュージシャンたちが現れてきた背景を明らかにし、その活動が生み出される機制を考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

井手口彰典「「非-芸人」としてのストリートミュージシャン」『ポピュラー音楽研究』8、2004年 https://t.co/JLMR5Nfzmv 「別に、誰にも聴いてもらえなくてもいいんですよ。」に始まるインフォーマントの発言は、打… https://t.co/FI2xMQhaD5
@_Duuun なるほど~https://t.co/9VgsQaeukp これは読んだことあります。都市と規制の問題とかはŽ興味深いと思いつつちゃんと読んではないですね

収集済み URL リスト