言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (12 users, 14 posts, 7 favorites)

"JEC127-1965では,10分間平均風速40m/s(地 上高さ15m)で全国一律である" という学びを得た。つまり10分間平均風速40m/sを超えるような風が予測される場合、送電鉄塔の倒壊は仕様だから覚悟しなければならない。 https://t.co/KRWn2CX1zZ
@kazuhisa_ogawa https://t.co/G1gy6j2JI1 この資料見たり、今回の災害の対応状況見たり、レベル2地震動の考え方なんかを思うと、浅薄な知識に基づくだけの感想ではあるけど、小川さんの指摘が一理あるような気がします。
関係しそうな論文見た感じ、既往の風速等に対して設計してるみたい? 風速はバラつきが大きいだろうし、50年程度の確率だと、台風直撃の有無ですぐに変わってしまうのでは? 電力網における重要度を評価し、重要構造物の設計基準を強化して… https://t.co/txHJHoNRod
送電用鉄塔における設計風速評価の現状 https://t.co/yVARWhBwFl
@masanoatsuko 参考まで 送電線鉄塔倒壊事故調査ワーキンググループ 報告書 https://t.co/NxkUnj7iAX ※「基礎の耐力」が 原因 台風0221号下の強風による送電用鉄塔の風応答解析… https://t.co/a0ZPztuLLa
...規格内で道路標識や照明を設置している。) 送電鉄塔の「設計風速」は40/sec という記述が見られる 例:https://t.co/IcvYNWKyVj (基本的に根拠データ詳細は各自で検証し今後へ自分で準備する事ですが)… https://t.co/sP0kMjv5r4

収集済み URL リスト