著者
茂田 良光 佐野 裕彦
出版者
日本鳥類標識協会
雑誌
日本鳥類標識協会誌 (ISSN:09144307)
巻号頁・発行日
vol.1, no.3, pp.56-69, 1986 (Released:2015-02-05)
参考文献数
23
被引用文献数
1

In the present paper we briefly reviewed and commented the terminology for bird topography, especially wing and tail. We named here newly required Japanese terms, such as alula coverts and carpal covert, and also illustra-ted some of them. Terms for bird topography are given, which including new Japanese ones indicated by asterisk (*) in table 1.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 6 posts, 0 favorites)

ナイスな文献をはっけん
@variedtitit 手根風切羽/手根雨覆羽は1986年の標識協会誌の"鳥体外部の名称"に載ってますね。茂田さん佐野さん執筆。 https://t.co/NXje8Ma5Jp https://t.co/pGt5r7y5Ts
@dynamicsoar 各部の名称の一覧は、ちょっと古いですがこれがよいと思います。 https://t.co/kRybXwr6am
@Turdus_pallidus この記事には手根風切と手根雨覆っていうのが紹介されてるんやけど、 https://t.co/5IKUgd7txE 下の図鑑とかやと手根骨羽って書いてあるし、よくわからんよね‥(´・ω・`) まとめてそう呼んでるのかなぁ‥、知らんけど https://t.co/ENgv4Orjy4

収集済み URL リスト