著者
筒井 義郎
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.1-14, 2019-01-18 (Released:2019-01-19)
参考文献数
76

本稿は,結婚が幸福度に及ぼす影響に関連する研究をサーベイし,以下のような結果を報告する.結婚している人はしていない人より幸福である.結婚と幸福の因果関係については,両方向の関係が確認されている.一般に幸福感にはベースラインがあり,結婚というライフイベントについても,いったん上がった幸福感は速やかに下がっていくことが確認されている.しかし,順応が完全であるかどうかについては論争があり,決着していない.なぜ人は結婚するのか,どのようなカップルが結婚し幸せになるのかについて,Becker (1973) は家庭内生産というモデルを提示して,家庭内分業が効率的であり,それでも多くの特質については似たもの夫婦が効率的であることを示した.後者は選択配偶仮説として,心理学や社会学の分野で精力的に研究されており,価値観や性格が似たものが結婚し,幸福であるという結果を報告している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 3 favorites)

J-STAGE Articles - 結婚と幸福:サーベイ https://t.co/XbOMojXxoM
【恋愛】結婚する相手によって幸福度は変化する。ではどんな相手が良いのだろうか!? いろいろ論文を読むと、どうも「似た者同士が良い」ことが分かってきたらしい。 ⇒幸福という観点にたつと、社内恋愛が最強かもしれない! 玉の輿は不幸にな… https://t.co/RrYrENW6mn

収集済み URL リスト