著者
筒井 義郎
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.1-14, 2019-01-18 (Released:2019-01-19)
参考文献数
76

本稿は,結婚が幸福度に及ぼす影響に関連する研究をサーベイし,以下のような結果を報告する.結婚している人はしていない人より幸福である.結婚と幸福の因果関係については,両方向の関係が確認されている.一般に幸福感にはベースラインがあり,結婚というライフイベントについても,いったん上がった幸福感は速やかに下がっていくことが確認されている.しかし,順応が完全であるかどうかについては論争があり,決着していない.なぜ人は結婚するのか,どのようなカップルが結婚し幸せになるのかについて,Becker (1973) は家庭内生産というモデルを提示して,家庭内分業が効率的であり,それでも多くの特質については似たもの夫婦が効率的であることを示した.後者は選択配偶仮説として,心理学や社会学の分野で精力的に研究されており,価値観や性格が似たものが結婚し,幸福であるという結果を報告している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (30 users, 34 posts, 23 favorites)

「パネルデータを用いた研究は幸福度は結婚をするとともに上昇することを報告している.所得などをコントロールしても,幸福度が高まり始めたら結婚するというのはいかにも不自然だから,結婚によって幸福度が上昇すると考えられる」https://t.co/eINvL3UmKn 筒井「結婚と幸福」(行動経済学12巻2019) https://t.co/iYiaHvVLVz
筒井義郎「結婚と幸福:サーベイ」 (行動経済学/12 巻 (2019)) https://t.co/ZziJVSfJWN
結婚と幸福についてはこちらがたいへん勉強になった。 筒井義郎. (2019). 結婚と幸福: サーベイ. 行動経済学, 12, 1-14. https://t.co/NWXMBsoQqW
[PDF] 結婚と幸福:サーベイ 筒井 義郎(甲南大学経済学部) / https://t.co/rwBdM3MLd1
筒井 義郎「結婚と幸福:サーベイ」『行動経済学』12, 1-14. いろんな研究があると勉強になった。幸福のなかみは置いておいて、出産と結婚幸福度はわかりやすくポジティブな関係ではなさそうという点が興味ぶかい。 https://t.co/NWXMBsoQqW
この 2019 年の論文、興味深いなー。 J-STAGE Articles - 結婚と幸福:サーベイ https://t.co/PvUIsCY6Yg
@uzagigina J-STAGE Articles - 結婚と幸福:サーベイ https://t.co/ZTXzKuSKFt
結婚満足度、、 U字型、L字型 いずれにしても、夢のない解析(笑 一方経済学的には結婚前と比較して、 幸福度は上昇して下りる順応に関して議論 これは同じ結婚議論でも、視点の違いも面白い 筒井先生の経済学 https://t.co/LPGIVp23V9 伊藤先生の心理学・ジェンダー https://t.co/XViNLrhbfh
筒井 義郎 (2019)「結婚と幸福 : サーベイ」『行動経済学』 https://t.co/XhDVh8E9kK https://t.co/TZ0oc9tIM5
J-STAGE Articles - 結婚と幸福:サーベイ https://t.co/v813J4sr7o
やっぱり価値観や性格が似たものが結婚する傾向があり, そういう夫婦がより幸福であるんだねぇ https://t.co/5fdqXHElGL
J-STAGE Articles - 結婚と幸福:サーベイ https://t.co/XbOMojXxoM
【恋愛】結婚する相手によって幸福度は変化する。ではどんな相手が良いのだろうか!? いろいろ論文を読むと、どうも「似た者同士が良い」ことが分かってきたらしい。 ⇒幸福という観点にたつと、社内恋愛が最強かもしれない! 玉の輿は不幸になるので止めた方がいいよ~ https://t.co/WI9Ey1SlNf

収集済み URL リスト