著者
星野 崇宏 竹内 真登
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.51-61, 2019-02-25 (Released:2019-02-25)
参考文献数
69

行動経済学とマーケティング研究双方に関係が深い二重過程理論と文脈効果についてレビューを行うとともに,実際のスーパーマーケットでの購買履歴データから魅力効果の存在を示す著者らの解析例を示す.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 2 favorites)

少し勉強になる総説を紹介します。 慶応の星野先生の 二重過程理論と文脈効果に関するレビュー の論文ですが、 個人的には特に 「文脈効果」が「選好の正則性の仮定」に対する反例 というところの部分が面白かったです。(page.53… https://t.co/vZUPVZYfm0
https://t.co/VemhDfDgtq

収集済み URL リスト