著者
山口 一大 岡田 謙介
出版者
日本行動計量学会
雑誌
行動計量学 (ISSN:03855481)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.181-198, 2017 (Released:2018-04-26)
参考文献数
95
被引用文献数
1

Cognitive Diagnostic Models (CDMs) have been developed for a few decades to reveal students' knowledge status. The purpose of this paper is to provide a review of recent advances in CDMs, and to figure out the trend in its model development. In the paper, we first introduce the fundamental concept of CDMs, and then summarize broad range of modern CDMs by classifying them into compensatory, noncompensatory, and integrated models as well as other emerging approaches. Finally, we discuss the future orientation of CDM studies with focus on the empirical applications.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 7 posts, 6 favorites)

【最新の論文をご紹介いたします】 山口 一大, 岡田 謙介(著) 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/3W94XtSt3f
【最新の論文をご紹介いたします】 山口 一大, 岡田 謙介(著) 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/3W94XtSt3f
【最新の論文をご紹介いたします】 山口 一大, 岡田 謙介(著) 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/3W94XtSt3f
【最新の論文をご紹介いたします】 山口 一大, 岡田 謙介(著) 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/3W94XtSt3f
【最新の論文をご紹介いたします】 山口 一大, 岡田 謙介(著) 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/3W94XtSt3f
J-STAGE Articles - 近年の認知診断モデルの展開 https://t.co/BlUpEOB9cY

収集済み URL リスト