著者
佐部利 真吾
出版者
日本行動計量学会
雑誌
行動計量学 (ISSN:03855481)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.209-219, 2017 (Released:2018-04-26)
参考文献数
20

A maximum likelihood method for asymmetric multidimensional scaling, which was proposed by Saburi and Chino (Comput. Stat. Data Anal., 52:4673-4684, 2008), uses the additive error model in which the normally distributed error terms are added to the dissimilarities. In this study, we introduce in this method the multiplicative error model, where the log-normally distributed error terms are multiplied by the dissimilarities, and the corresponding representation of the dissimilarities. It was applied to the visibility data for the combinations of foreground and background colors, assuming the multiplicative as well as the additive error model. The optimal model was found with the multiplicative error model according to AIC.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 13 posts, 6 favorites)

【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5
【最新の論文をご紹介いたします】 佐部利 真吾(著) 乗法誤差モデルを用いた最尤非対称MDSによる文字色と背景色の組み合わせに対する視認性データの分析 https://t.co/GDQHIaaTF5

収集済み URL リスト