7 5 0 0 OA ホップの探究

著者
村上 敦司
出版者
Brewing Society of Japan
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.105, no.12, pp.783-789, 2010 (Released:2016-02-05)
参考文献数
33

ホップは苦みと香りを与えビール醸造には欠かせないものである。ホップはどのように進化してきたのだろうか。これまで原産地等は不明であったが,著者は世界的なネットワークを使って多くの野生種を集め,遺伝子レベルで解析した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 4 favorites)

@Baketu_head たぶんホップの遺伝子から作物としての起源を辿ったこの研究あたりが出所かと。 https://t.co/gcuvmZW286 ヨーロッパでも一般的にホップが使われだすのは11世紀からで、8世紀段階ではまだ薬草的な使われ方だったとされていたりします
タイトルの通り、ホップはいつどこから来た?という分子進化遺伝学的なアレから始まり、ビール造りでの役割までわかる。 #今日の論文 『ホップの探究』 日本醸造協会誌 Vol. 105 (2010) No. 12 p. 783-789 https://t.co/lsIC8OUxNO

収集済み URL リスト