著者
恩田 匠
出版者
Brewing Society of Japan
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.110, no.5, pp.306-317, 2015 (Released:2018-04-23)
参考文献数
7
被引用文献数
2

フランス北部,ベルギーとの国境に近いシャンパーニュ地方は,寒冷な気候でワインブドウが完熟するには厳しい条件だが,逆にその条件を活かしたシャンパンは世界のスパークリングワインをリードしている。このシャンパン造りを支えるブドウの栽培方法は,厳しい自然環境のなかで先人たちの努力と試行錯誤の積み重ねによって見出されたものと言えるだろう。シャンパン醸造について研修・情報収集をされた筆者に,この地方のブドウ栽培の概要とシャンパンの品質と名声を維持するために設けられている種々のルールについて解説していただいた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 13 posts, 78 favorites)

キュイヨ サンプルにこだわって剪定をしてきましたが、この秋の剪定からピノノワールの系統(クローン)によって剪定法を変えることにしました。シャブリ式を採用。 醸造協会誌 奥田先生のレポートから。… https://t.co/e1lbYI0FEU

収集済み URL リスト