著者
大塚 謙一
出版者
公益財団法人 日本醸造協会
雑誌
日本釀造協會雜誌 (ISSN:0369416X)
巻号頁・発行日
vol.69, no.2, pp.83-86, 1974-02-15 (Released:2011-11-04)

熟成の問題は醸造物にとって, その付加価値を高める常に最も重大な手法であり, 多様化の時代に入り, 益々その重要性が高まりつつある。本年はこの問題について一連の解説を予定しているが, まずこの方面の権威である大塚博士に御執筆をお願いした。熟成と調熟を明確に区別すべきだなど, ユニークな提案が盛リ込まれている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 0 favorites)

酒を海中熟成させると10倍速で熟成が進むらしいので、色々組み合わせれば倍々計算で1000倍速くらいには出来るのでは https://t.co/Nz2BgjpxVp https://t.co/XuNP3KH1Zg https://t.co/ru3Um0Wbtq
@Inverse_jp 私の個人的な仮説がもしあっているならば、今のところ明確な分析手法がないんですよねえ。 下手すると似非科学と混同されかねない領域なので調べてもちゃんと出てこないし。 熟成そのものについてはこういう文献が1974年に出てますね https://t.co/1pnUWUevbw

収集済み URL リスト