著者
冨田 寛 石井 泰平 青柳 充雄
出版者
公益財団法人 日本醸造協会
雑誌
日本釀造協會雜誌 (ISSN:0369416X)
巻号頁・発行日
vol.71, no.3, pp.141-145, 1976-03-15 (Released:2011-11-04)
参考文献数
12

酒の効能の1つに食欲増進作用があることはよく経験するところである。また料理を美味にするために酒が使用されることも多い。それではこの酒の主成分であるエチルアルコール自体の味は, またそれが人間の味覚受容器にどのように働くであろうか, 生理学の立場から解説していただいた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

@mishiki 既にご存知かもしれませんが、アルコールと味覚の情報など。https://t.co/pA4rcEJS0D https://t.co/CsUVQJJ6KP
アルコールって強い弱いの個人差はある。けど味覚上の感度の違いの個人差も激しいのでは。そういう論文があるっぽい。特に甘みについて。 僕は少々のアルコールには何も感じないので何の思い入れもない… https://t.co/iy4wcCYTDX

収集済み URL リスト