著者
小泉 亜希子 山中 寿城 岡本 匡史 平井 信行 黒瀬 直孝 小川 慶治 川北 貞夫 垂水 彰二 高橋 康次郎
出版者
公益財団法人 日本醸造協会
雑誌
日本醸造協会誌 (ISSN:09147314)
巻号頁・発行日
vol.98, no.2, pp.125-131, 2003-02-15 (Released:2011-09-20)
参考文献数
5

清酒を光照射下で保存した場合に増加する成分について, 溶存酸素濃度がそれらの成分の変化に与える影響について検討し, 以下の結果を得た。(1) トリプトファン類縁化合物6成分が清酒の光照射により生成することを確認した。6成分は, 前報で報告したハルマンのほか, ノルハルマン, 1-エチル-β-カルボリン, 3-インドールカルボキシアルデヒド, 9H-カルバゾールおよび3-メチルー1H-インドールであり, これらは何れも苦味を呈する成分であった。(2) ハルマン, ノルハルマン, 3-インドールカルボキシアルデヒドの3成分は, 溶存酸素低減により増加が抑制され, 9H-カルバゾール, 3-メチルー1H-インドールのの2成分は溶存酸素低減により増加が促進された。1-エチルーβ-カルボリンについては, 溶存酸素低減による影響は明らかでなかった。(3) 16%エタノール含有のマックルベイン緩衝液へのトリプトファン添加試験の結果, 上記6成分が光照射下の保存で生成したことから, これらはトリプトファンから生成することを確認した。また, トリプトファンを添加した清酒の保存試験の結果, トリプトファン濃度の増加により6成分全ての生成量が増加した。(4) 上述の6成分以外にもトリプトファン類縁化合物とGC/MSライブラリー検索の一致率が72%以上である4成分が清酒の光照射により増加することが認められた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 0 favorites)

第3報に清酒中の溶存酸素量が少ない状態で保管されると、苦味やえぐみが感じられやすくなるという話が。 香りについての言及が無いから還元に関してはよくわからない…… 他に研究資料ないかなあ。 J-STAGE Articles -… https://t.co/qpSaEshuO4
@mrtomfizz @GreatrixBrad @BKPinot @worldoffinewine @CSWWC19 "Quality preservation of sake by decreasing the dissolv… https://t.co/AzVZcubSdz
@marimarimo125 https://t.co/5DTtIbbnnm
@marimarimo125 光分解してスカトール(3-メチルインドール)とかにも https://t.co/JHwn0lS6wh

収集済み URL リスト