著者
上馬塲 和夫
出版者
日本補完代替医療学会
雑誌
日本補完代替医療学会誌 (ISSN:13487922)
巻号頁・発行日
vol.1, no.1, pp.63-76, 2004 (Released:2004-04-27)
参考文献数
65
被引用文献数
1

世界の4大伝統医学(中国,インド,チベット,イスラム)は共通して,体だけでなく心とSpiritualityのレベルへのホリスティックなアプローチ法を有している.古い伝統医学ではあるが,将来の生命科学の雛形となる可能性がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 12 posts, 6 favorites)

西洋伝統医学の源流はユナニ医学です。 西欧でホメオパシー支持が根強いのはそれだけの治療の歴史があるからだと思います。https://t.co/J1gWDFvj26 …
@online_checker 西洋伝統医学の源流はユナニ医学です。 西欧でホメオパシー支持が根強いのはそれだけの治療の歴史があるからだと思います。https://t.co/J1gWDFvj26 https://t.co/Nh5pvrmvCB
伝統医学の可能性 最も古いものに最も新しいものがある 上馬場和夫 https://t.co/J1gWDFvj26
#ギリシャ医学 https://t.co/kf4vygUofh
参考 p.2 https://t.co/J1gWDFvj26  イスラム帝国の時代にイスラム医学は大きな発展を遂げた。

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト