著者
常田 貴夫
出版者
日本コンピュータ化学会
雑誌
Journal of Computer Chemistry, Japan (ISSN:13471767)
巻号頁・発行日
pp.2013-0013, (Released:2014-01-24)
参考文献数
36

理論化学の研究対象において金属表面や金属錯体が主要になりつつある現在,相対論的密度汎関数法(RDFT)の重要性は増している.この方法は,多電子系の電子状態を金属を含む大規模系の反応や物性を定量的に取り扱えるため,大規模金属系の理論研究においてもっともすぐれた理論の1つであることは間違いない.RDFTは量子電気力学にもとづく確かな土台をもつ理論であり,化学における相対論的計算の主要理論となっている.本レビューでは,RDFTの基礎を説明した後,最新の2成分RDFTに至るまでの具体的な道筋を明らかにする.さらには,RDFTが将来的に進むであろう道筋も示すことも目的としている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 6 posts, 13 favorites)

@hattan0523 @YoshioNishimoto また、相対論的量子化学(あるいは相対論的量子力学)をある程度理解している方には、以下URLの常田先生の論文が参考になるかと思います(上級者向けであり、内容は難しいです)。 https://t.co/oVv1vrVLDq
dc1394さんが言及されている相対論効果については常田さんの書いたこれが参考になりそうです。 https://t.co/o3HD7PRG73 >RT
@jintanario 相対論的密度汎関数法については、このpdf文書によくまとめられています(著者は山梨大学の常田貴夫先生)。一度、お読みになるとよろしいかと思います。 https://t.co/oVv1vrVLDq
これわかりやすい。常田先生の作成された資料にはいつもお世話になっております。 https://t.co/RlrnOJAM1s

収集済み URL リスト