著者
永廣 信治 溝渕 佳史
出版者
日本脳神経外科コングレス
雑誌
脳神経外科ジャーナル (ISSN:0917950X)
巻号頁・発行日
vol.23, no.12, pp.957-964, 2014 (Released:2014-12-25)
参考文献数
40

スポーツ頭部外傷の問題点を可視化するために, 今日的話題をレビューした. 急性硬膜下血腫はスポーツ頭部外傷の重症型の中で最も頻度が高く, 軽症例の代表は脳振盪である. いずれも回転加速度損傷を発生機序としている. 脳振盪を繰り返すことによる重症化や慢性外傷性脳症の発生など, 脳振盪への正しい理解と対応が脳神経外科医に求められている. 重症スポーツ頭部外傷を回避するためには, 脳振盪が疑われた当日は競技復帰をさせず, 症状が消失するまでは許可しない, 復帰を許可する場合には段階的復帰プログラムを用いる, 急性硬膜下血腫など器質的病変を有するアスリートに対しては, 原則としてコンタクトスポーツへの競技復帰は許可しないことが推奨される.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

脳神経外科ジャーナルVol. 23 (2014) No. 12 p. 957-964 スポーツ頭部外傷を可視化する https://t.co/AXT3ZDEnD9

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト