著者
長谷川 良平
出版者
一般社団法人日本脳神経外科コングレス
雑誌
脳神経外科ジャーナル (ISSN:0917950X)
巻号頁・発行日
vol.25, no.6, pp.497-503, 2016 (Released:2016-06-25)
参考文献数
23
被引用文献数
2

近年, 「脳を理解する」ための基礎科学であるニューロサイエンスの成果に基づいて「脳を活用する」ためのさまざまな技術を開発するニューロテクノロジーの開発が盛んになってきている. 中でも注目されているのが, 脳と機械を直結する「ブレイン-マシン インターフェース」 (brain-machine interface : BMI) 技術である. 著者の研究グループでは認知機能にアクセスするBMIの一種として脳波による意思伝達装置「ニューロコミュニケーター」の試作開発に成功した. 現在, この装置の福祉機器としての実用化に向けて試作と実証実験のサイクルを加速させている.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 4 favorites)

https://t.co/4hELfqT9eE
J-STAGE Articles - ニューロサイエンスからニューロテクノロジーへ https://t.co/a8m6kwA73q
ニューロサイエンスからニューロテクノロジーへ,読む! https://t.co/ki5vgwHt0z

収集済み URL リスト