著者
布井 雅人 中嶋 智史 吉川 左紀子
出版者
日本認知心理学会
雑誌
認知心理学研究 (ISSN:13487264)
巻号頁・発行日
vol.11, no.1, pp.43-50, 2013-08-31 (Released:2014-07-19)
参考文献数
12
被引用文献数
2

本研究では,「限定」することが,商品の魅力評価および商品選択に及ぼす影響について検討を行うことを目的とした.実験では,限定販売であることを示す限定ラベル刺激(期間限定・数量限定・地域限定)と限定無関連ラベル刺激を作成し,商品画像刺激とともに対呈示した.実験1では,商品の魅力度評定が行われ,実験2では,同時に呈示された二つの商品から買いたいほうを選択する強制二肢選択課題が行われた.その結果,すべての限定条件において,限定ラベル刺激によって商品魅力度が上昇した.さらに,期間限定条件では選択率の変化が見られ,数量限定・地域限定よりも限定の影響が大きいことが示された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 0 favorites)

既知ではあるものの、限定という言葉はそうでないものと比べ50%ほど魅力が上がる。 この研究では「●●限定」と「オススメ」といった表記とを比べ魅力的の程度を検証している。 限定は強いね https://t.co/TOkhn9M65D
限定ラベルが商品魅力・選択に及ぼす影響 http://t.co/rRUDMRyjYN

収集済み URL リスト