著者
正田 真利恵 黒田 直史 横澤 一彦
出版者
日本認知心理学会
雑誌
認知心理学研究 (ISSN:13487264)
巻号頁・発行日
vol.12, no.2, pp.69-76, 2015-02-28 (Released:2015-04-16)
参考文献数
13

顔や視線は情報選択を司る顕在的注意,すなわち注視に影響する.本研究ではマジック動画観察時の眼球運動を計測することで,ヒトの顔や視線方向が,注視に強く影響することを検証した.動画開始時にはマジシャンの顔が注視されやすかった.またマジシャンが視線を向けた物体が,その後,持続的に注視されたことから,他者の視線方向が観察者の注視行動に影響した.さらに注視すべき対象を知っている2回目観察時においても,マジシャンが視線を向けた物体が長く注視された.そしてマジシャンの顔が遮蔽され,視線方向を視認できない場合にも本傾向は生じたことから,他者の視線は,観察者の注視行動に対して,頑健に影響したと考えられる.ただし他者の視線方向に対する注視の偏りは,動画の進展に伴い減衰した.以上より,他者の意図を正しく推測できて初めて内容が理解できるマジック動画を観察しているときには,事前観察に基づき注視行動を制御可能であっても,他者の存在から視線を逸らしにくいことが明らかになった.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (13 users, 13 posts, 35 favorites)

東大の、マジックを使った認知心理学研究。 タネを知った後でもマジシャンの視線先に影響を受けてしまう、や、 現象が起こった後ではマジシャンの視線は影響を与えない、などの考察が面白い。 何より、レイコスビーでワロタ。 https://t.co/Tgeh4vahTW
誰かやると思った。/マジック状況における人間の顔や視線方向への偏重注視 http://t.co/n6NtgOA8mY
正田真利恵・黒田直史・横澤一彦(2014). マジック状況における人間の顔や視線方向への偏重注視 認知心理学研究, 12, 69-76. https://t.co/csiXyngVIc
「マジック状況」って何かと思ったら、「手品みてるとき」なのか。 http://t.co/JN6CjJ8erh

収集済み URL リスト