著者
笹山 大輔 袁 尚民 畠中 知子 深山 浩 東 哲司
出版者
The Society of Crop Science and Breeding in Kinki, Japan
雑誌
作物研究 (ISSN:1882885X)
巻号頁・発行日
vol.67, pp.35-40, 2022 (Released:2022-10-21)
参考文献数
14

O. glumaepatula浮稲型系統IRGC105668とO. sativa非浮稲品種T65の交配を経て作出された31のO. sativa/O. glumaepatula染色体置換系統 (GLU-ILs) の深水に対する節間の伸長反応を調査した。29のGLU-ILs系統において深水下での節間伸長がみられた。それらのうち,O. glumaepatulaのIRGC105668に由来するSK2遺伝子・SK2-like遺伝子をもつGLU-IL135と,IRGC105668に由来するACE1遺伝子をもつGLU-IL110は,最も節間伸長が促進された系統であった。しかしながら,GLU-IL104とGLU-IL107はIRGC105668に由来するSD1遺伝子をもつが,これらの系統の節間伸長は強くは誘導されなかった。これらの結果は,SKとACE1はO. glumaepatulaの深水下での節間伸長に関与し,それらの寄与は同程度であることを示唆する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

収集済み URL リスト