5 0 0 0 OA 氷の相転移

著者
東 晃
出版者
日本結晶学会
雑誌
日本結晶学会誌 (ISSN:03694585)
巻号頁・発行日
vol.14, no.6, pp.274-285, 1972-12-25 (Released:2010-09-30)
参考文献数
37
被引用文献数
0 or 2

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 5 favorites)

@dameDoc @kosenstudent https://t.co/8iK0a7efWX https://t.co/uPBHIILtno
@beautyplanets 更に調べてましたが、超高圧で結晶構造が変われば5℃だろうが100℃だろうが余裕で個体みたいですね。大変失礼致しました(笑 https://t.co/dLkqV3Wkhf
@gen_shun 氷の相がII以降になると、氷の密度が1以上になる(p5)。その条件は一般的な冷凍庫だと2000気圧は必要(p2)。 理論上は可能だが、現実的には難しいといえるかと https://t.co/Np1Xjobqbi
@Scarecrow00000 https://t.co/CKEwuEbc39

収集済み URL リスト