著者
牟田 季純 越川 房子
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.25, no.1, pp.74-85, 2018-03-01 (Released:2018-09-01)
参考文献数
82

Interacting Cognitive Subsystems (ICS), which explain mechanism of mindfulness, are originally information processing model for multi-modality among audition, vision and body-state. The ICS defines “meaning” as a function of cross-modal stimulus-response transfer, which constructs recursive process that can amplify maladaptive state of mind. Thus, ICS illustrates how we make extra meaning in recursive multi-modality. Here,we propose expanded use of ICS in other fields of cognitive science besides mindfulness.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 4 posts, 2 favorites)

身体状態の「意味づけ」としての情動 ―相互作用認知サブシステムとマインドフルネス https://t.co/ZdpksDm5b9
そんなことをこの論文をまとめているときに考えていたし,そういうことをちょっとだけ書いた。立ち止まる方略。そして新しい意味を生み出すこと。 https://t.co/fqEWO9GcBw
気づいたら公開されてた >> J-STAGE Articles - 身体状態の「意味づけ」としての情動 ―相互作用認知サブシステムとマインドフルネス https://t.co/az7wYOOvfj

収集済み URL リスト