著者
横澤 一彦 熊田 孝恒
出版者
日本認知科学会
雑誌
認知科学 (ISSN:13417924)
巻号頁・発行日
vol.3, no.4, pp.4_119-4_138, 1996 (Released:2008-10-03)
参考文献数
72

This paper describes current work in visual search within a framework derived from the feature integration theory (FIT) of attention proposed by Treisman and her colleagues. Following topics are reviewed; parallel processing for feature conjunction, distractor homogeneity, display element similarity, multiple conjunction, multiple targets, task-dependent search, eye movements and learning effect. Such work is central to the study of attention and currently among the most active areas. These studies raise some critical questions about FIT; the nature of a feature map and the dichotomy of parallel and serial processing. Three models of visual search, that is, SERR, guided search and multiresolutional models, are compared each other. Their capabilities are evaluated with critical phenomena of search asymmetry, negative search functions, and so on. Finally, we discuss how these models can be linked.

言及状況

外部データベース (DOI)

Delicious (1 users, 1 posts)

[from twitter] 視覚の特性というよりは、いくつかの視覚のモデルのまとめと言うほうが正確かもしれません。 RT @aonoa732384 @cozykaz ...人間の視覚特性について、日本語で書いてくれたこの論文に大変感謝したい。... http://t.co/EjQXyMgv

Twitter (7 users, 7 posts, 0 favorites)

@心理学実験B各位 https://t.co/odC9uSAS4L
https://t.co/SrdUUeAotL 「視覚探索」でググったら文献が出てきたのでメモ
視覚の特性というよりは、いくつかの視覚のモデルのまとめと言うほうが正確かもしれません。 RT @aonoa732384 @cozykaz ...人間の視覚特性について、日本語で書いてくれたこの論文に大変感謝したい。... http://t.co/EjQXyMgv
RT @cozykaz 社内勉強会での発表まで、二日を切った。人間の視覚特性について、日本語で書いてくれたこの論文に大変感謝したい。これがなければ、間違って解釈してたし、質疑応答に耐えれなかっただろう。 http://t.co/Gc8BsZR1
社内勉強会での発表まで、二日を切った。人間の視覚特性について、日本語で書いてくれたこの論文に大変感謝したい。これがなければ、間違って解釈してたし、質疑応答に耐えれなかっただろう。 http://t.co/w6eiAPvS

収集済み URL リスト