著者
岡田 航
出版者
林業経済学会
雑誌
林業経済研究 (ISSN:02851598)
巻号頁・発行日
vol.63, no.1, pp.58-68, 2017 (Released:2017-10-10)
参考文献数
57

元来,「里山」は地域社会の中で地理区分を表す用語として使用されてきたが,戦後復興の際,防災と森林資源の安定利用を図る過程で政策用語としての「里山」が登場した。1950年代,森林資源の高度利用が目指されると,農用林として使用されてきた「里山」は低位生産力地帯であるとされ,林業基本法制定の際の議論では「里山」における論争が行われた。1960年代末には逆に農用林が利用されないことが問題視され,農政も含めた総合利用のための施策として「里山再開発事業」が行われた。他方,林学の研究者の間では,1970年代以降社会文化的な要素も含んで人と「里山」との関わり合いの意味を捉える考え方が登場し,自然保護運動からは,二次的自然環境保全の重要さを訴えるための旗印として「里山」が積極的に用いられた。他方林業政策では,森林の多面的機能の観点から「里山」の意義を再考しようとする諸調査が行われるが,1990年以後は自然保護分野で「里山」が頻用されていくのとは対照的に,林業政策(森林・林業政策)においては次第に影が薄い用語となっていった。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 2 favorites)

@pmagshib 里山を林業の立場からみた論文がまとめられていますが,わりと昔から使っているようです.https://t.co/KLF5FCb7Sk ただ,世間的なはやりとしては,1990年代以降のようで(今森さんの影響?)図書の分析からみた論文とかもなかなか面白いです.https://t.co/GXzPOHmWwn
⇩ 8月9日のtweetにも書いたけれど、日本の「里山」は中世末期から収奪されて、昭和30年代に「トトロの森」はほぼ有り得ないと考えて良いが、今は私の実家へ辿り着くのに「トトロの森」のトンネルを通過しなければならない。  「里山」概念の誕生と変容過程の林業政策史 https://t.co/0f7d4WWgRn
まだしっかり読んでないけど認識にそんなにズレはないかな。あとでもうちょっとちゃんと読む - 「里山」概念の誕生と変容過程の林業政策史 https://t.co/MSy6tRGUUp

収集済み URL リスト