著者
河江 肖剰 亀井 宏行
出版者
公益社団法人 東京地学協会
雑誌
地学雑誌 (ISSN:0022135X)
巻号頁・発行日
vol.120, no.5, pp.864-868, 2011-10-25 (Released:2012-01-17)
参考文献数
7
被引用文献数
1 1

三大ピラミッドが建つギザ台地はおもに新生代始新世時代に遡るモカッタム累層と呼ばれる浅海成石灰岩の岩盤からなっている。古代の巨石建造プロジェクトにおける最優先事項の一つは採石場の選択であるが,この累層の石灰岩は硬い層と柔らかい層の交互層からなるため採石に適していた。古代人は柔らかい層を除去し,硬い層からピラミッドや神殿建設のための巨大な岩塊を採石した。 2,590,000立方メートルの石材からなるクフ王の大ピラミッドの採石場は,南約300メートルに近在しており,そこから約276,000立方メートルの石灰岩が切り出されたと概算されている。第2ピラミッドの造営者カフラー王もギザの地形を考慮しながら自らのピラミッド複合体の建造を推進し,プロジェクト最後にはモカッタム累層の岩盤を生かし,スフィンクスを巨大な彫像としてつくりあげた。王家最後の巨石建造物は,ケントカウエスと呼ばれる女王が建てさせた彼女の2段式の墓で,独特な形をもつ。墓はもともとクフ王の石切場の中央に,おそらく石材量を量るために,残されていた岩塊だった。三大ピラミッド建造後の限られた空間のなか,彼女は使用可能な最後の土地を巧みに利用し自らの墓を建てさせた。これによってギザ台地の巨石建造プロジェクトは終焉を迎えた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 12 posts, 4 favorites)

やっぱ私って頭悪い。以前河江先生の論文読んでて、図2にshoal reef (瀬礁)って書いてあるのに、図を見てマアディ層(石灰岩と泥灰土)とモカッタム層(有孔虫の化石が多い)しか頭に入ってなかった。礁とは浅い海底の隆起部。岩礁・… https://t.co/LABIokHnQl
@dannna_o とりあえず、これをじっくり読んでみたいとおもいます。『エジプトのギザ台地におけるピラミッド時代の地形学』地学雑誌Vol.120 (2011) No.5 https://t.co/jvbpPyOVhV
ピラミッドを作った採石場:エジプトのギザ台地の石灰岩,世界露頭百選 https://t.co/GDl14tFt  http://t.co/HsBiv6Vv
Giza Plateau in Egypt during the Age of Pyramid building,"The 100s: Significant Exposures of the World No.1" https://t.co/GDl14tFt
ダウンロード中。エジプトのギザ台地におけるピラミッド時代の地形学 http://t.co/QgwOJNVz
東京工業大学の亀井先生と寄稿したGeomorphological Aspects at the Giza Plateau in Egypt during the Age of Pyramid Buildingがダウンロード可能になりました。http://t.co/1B8ZSvoH

収集済み URL リスト