著者
丸山 茂徳 小宮 剛
出版者
公益社団法人 東京地学協会
雑誌
地学雑誌 (ISSN:0022135X)
巻号頁・発行日
vol.120, no.5, pp.869-876, 2011-10-25 (Released:2012-01-17)
参考文献数
13
被引用文献数
4 or 0

グリーンランド・イスア地域は緑色片岩–角閃岩相程度の広域変成作用を受けてはいるが,見事な枕状溶岩の構造を普遍的に残している。枕の形,急冷縁,マトリックスの構造などが明瞭に残存している。枕状溶岩の存在は38億年前に海洋がすでに存在していたことを示すが,さらに付随する岩石との関係から,典型的な付加体の存在が認められる。海洋プレート層序は付加体が現在の西太平洋地域のような海洋内島弧の一部として形成されたことを示す。付加体の形成は北から南側にプレートが沈み込んだことを示す。さらにCA系列の花崗岩帯が付加体を貫く。これらは太平洋型造山運動が38-37億年前に機能していた証拠である。玄武岩の化学組成から,起源マントルの組成と温度が推定される。海洋の温度を100℃以下とみなすと,38-37億年前の海洋プレートの剛性度とプレートの厚さが求められ,プレートテクトニクスが38億年前にすでに機能していたことがわかる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

“38-37億年前のグリーンランド・イスア表成岩帯にみられる世界最古の枕状溶岩” https://t.co/cvOaZbq9Dt
巨大地震も海底火山活動も38億年前にもう存在した!38億年前のプレート・テクトニクスの証拠,グリーンランド・イスア地域の枕状溶岩,世界露頭百選 https://t.co/oyNU3ewY  http://t.co/HsBiv6Vv

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト